デザインレビュー(DR) は一般に、各工程における成果物に対し、品質、機能、コスト、納期、法令・規制などの見地から、次の工程に進んでよいかどうかを判断する活動を指します。

品質確保のために不可欠であり、最も重要とも言えるこのデザインレビュー、皆様は充分に実施できていますか?

デザインレビューにおける現場の課題として、以下のような課題をよく耳にします。

・人員調整(特にベテラン)が難しい
・レビューに抜け漏れが発生する
・合否判断が不明確である

本セミナーでは、ナレッジマネジメントと生成AIをかけ合わせることで、これらの課題を解決し、より効果的なデザインレビューを実現する方法を、事例を交えてご紹介いたします。


<講師紹介>
アクセラテクノロジ株式会社 コンサルタント 山本貴史


ハードウェアの開発エンジニアを経て、アクセラテクノロジに入社。製造業をはじめ、様々な業界の企業におけるナレッジマネジメントの推進をご支援。元エンジニアという視点から、ものづくりにおける業務課題の解決策を提案。


<開催概要>

日 付2024年8月8日(木)
時 間11:00〜12:00
形 式Web開催(Zoom)
主 催アクセラテクノロジ株式会社
費 用無料
問合せアクセラテクノロジ株式会社
セミナー事務局
marketing@accelatech.com
https://go.solutiondesk.jp/l/540572/2024-06-27/gg5rv5