ホーム > ヘルプデスクの達人 > ヘルプデスクにおけるナレッジベースの重要性

 ヘルプデスクにおけるナレッジベースの重要性


ヘルプデスクには、日々さまざまな問合せが寄せられます。専門性が高く幅広い情報を扱うため、常に迅速で適切な対応をすることは容易ではありません。特に新しい問題や複雑な課題への対応は、時間と労力を要します。しかし、マニュアルや手順書、過去の事例といったナレッジをナレッジベースに集約し活用することで、問合わせ対応は効率化され、迅速で適切な回答が可能になります。

以下は、ヘルプデスクの問合せ対応時に有効なナレッジの一例です。
  • 製品やサービスに関する仕様書
  • 製品やサービスの規約や約款
  • 製品やサービスのマニュアルや手順書
  • お客様からのよくある質問とその回答(FAQ集)
  • お客様対応時に参照するスクリプト
  • 過去の問合せ内容と解決策がわかる対応履歴
  • 製品の操作方法や設定手順を紹介する動画
  • お客様へのお知らせや社内への通達
これらのナレッジを共有し、誰もが活用できる仕組みを整えることで、ヘルプデスクの業務効率は格段に向上し、応対品質やスキルの平準化にもつながります。
また、近年はAI技術をヘルプデスク業務に取り入れる動きも多くみられますが、そもそもAIが参照するナレッジベースが整備され充実したものでなければ、期待する効果は得られません。ナレッジベースの充実と活用は、ヘルプデスク業務の質を向上させる重要な要素です。

ヘルプデスクの達人ページに戻